千葉県の設計事務所 (株)濱田建築事務所のHamaken Blog

建築家 濱田卓志の日常や家づくりのプロセスなどをお伝えするブログ『Hamaken Blog』!
<< 建て方 | main | 竣工写真 >>
ホキ美術館
 一昨日の日曜日は少し時間がとれたので、以前から見てみたいと思っていた千葉市緑区にある「ホキ美術館」へ行ってきました。
この美術館は計画案が発表された当初から建築雑誌の紙面を賑わせたプロジェクトで、
建物完成後は次々と建築関係の賞を受賞し、JIAの2011年度日本建築大賞を受賞した建物です。

最初に日経アークテクチャかなにかで計画案のCGを見たときに驚かされたのが、圧倒的なキャンティレバーが創る外観の迫力で、設計者は日建設計の山梨知彦氏。

木材会館やソニーシティ大崎などでも紙面で多く取り上げられ、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)をいち早く取り入れて設計している気鋭の建築家。
建築雑誌で紹介される氏のコメントは興味深く拝見しています。

↓ アプローチからエントランスまでは打放しコンクリートの壁が弧を描き来訪者を導きます。
2012.11.18

この建物の外観の特徴と言えば、なんといってもエントランス反対側のファサード。
紙面で見るより実際に見たほうが建物の迫力が伝わるということは常々、承知はしていたものの、実際現場を見るとすごい迫力。
私が見ていた時に自転車で通り過ぎる子供2人が「この建物すごーーーい!」と言いながら走り去りました。子供にも一瞬で伝わる迫力がこの建物の外観の特徴かと・・・
今まで見てきた建物のなかでもこの外観の迫力は圧倒的。

↓ ハニカム鋼鈑で造る圧倒的なキャンティレバー。青い空に映えます。
2012.11.18

内外、開口部なども考えるとすごくシビアなディテール。すごいの一言!
2012.11.18

↓ さりげなく美しく見せるのはオリジナルの型枠で造られた打放しコンクリート壁面。
  Pコンの孔も通常より小さ目です。
2012.11.18

一昨日は閉館だったため、外観だけの見学となってしまいましたが、
次回は開館時期に来て内観もじっくり見てみたい建物です。

素晴らしい建築に触れ、イマジネーションを触発された週末でした。

| hamada1 | はまけん日記 | 06:49 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE